じぶん銀行
(ジブンギンコウ)

統一金融機関コード
(銀行コード)
SWIFTコード
0039
未定
> じぶん銀行の支店一覧へ
じぶん銀行 公式サイト

じぶん銀行の概要

株式会社じぶん銀行(じぶんぎんこう、英語: Jibun Bank Corporation)は、三菱東京UFJ銀行がKDDIと共同出資する、日本のインターネット銀行。
パソコン、携帯電話およびスマートフォン、タブレットから利用できる。

名前の由来

「携帯電話の中にある自分の銀行」というコンセプトのもと、「わたし銀行」「マイ銀行」といった候補の中から当時の社長、中井雅人が最終的に決定した。

店舗

ネット銀行のため、有人店舗は存在しない。
商品・サービスの紹介や普通預金口座の開設受付を目的として、「じぶん銀行インフォメーションカウンター」が三菱東京UFJ銀行 旧渋谷中央支店プラス渋谷出張所内に設置されたものの、2009年12月27日をもって閉店。

支店名

支店名は、虹の7色にちなんだ支店名となっている。
2010年1月9日以前は、申込時に選択が可能であったが、現在は、口座開設時に自動的に割り当てられる。
じぶん銀行
  • 株式会社じぶん銀行(じぶんぎんこう、英語: Jibun Bank Corporation)は、三菱東京UFJ銀行がKDDIと共同出資する、日本のインターネット銀行である。パソコン、携帯電話およびスマートフォン、タブレットから利用できる。 出資比率は三菱東京UFJ銀行とKDDIの折半となっている。 旧東京三菱銀行と旧UFJ銀行が2004年の経営統合発表時から進めていたプロジェクトであり、三菱東京UFJ銀行のリテールネット戦略の一環として位置づけられる。三菱東京UFJ銀行の中井雅人の指揮の下、構想に3年、準備に2年をかけて実現した。 2006年5月25日付けで、「モバイルネットバンク設立調査株式会社(Mobile Net Bank Establishment Investigation Corporation)」を準備会社として設立。代表取締役社長に三菱東京UFJ銀行の宮島隆生(旧三菱銀行出身)、同副社長にKDDIから寺崎賢一(旧三和銀行出身)が就任した。

じぶん銀行のWikiPedia

じぶん銀行の詳しい説明(WikiPedia)

「じぶん銀行」の店舗、支店一覧

◆じぶん銀行の支店数:8件
支店名インデックス
/ / / / / /
  支店名 支店Code 詳細
じぶん銀行
あいいろ(アイイロ)
106
 
じぶん銀行
あお(アオ)
105
 
じぶん銀行
あか(アカ)
101
じぶん銀行
きいろ(キイロ)
103
じぶん銀行
だいだい(ダイダイ)
102
じぶん銀行
本店(ホンテン)
001
じぶん銀行
みどり(ミドリ)
104
じぶん銀行
むらさき(ムラサキ)
107